Student clubs


Tepperには二年生の学生が主体となって運営するStudent Clubが約30団体あります。
学生はたいてい複数のクラブに属しており、就職活動や個人の能力開発、ネットワーク構築等に役立てています。

年会費もそれほど高くないので迷うようであれば全てに入会して、日々の情報や友達の活動などに合わせて主体的に取り組むClubを絞りこんでいけば良いでしょう。
クラブの一覧及び詳細についてはこちらをご覧ください。

尚、Student Clubは以下の3種類に大別されます。


1. Professional Club
Professional Clubは、アントレ系やエネルギー系などMBAが扱う分野別に学生が集まった組織のことです。学生はMBA Tracksと同様に、自分のキャリアデザインにあったクラブに加入することができます。

①充実した就職支援
ビジネス系クラブでは、就職活動に欠かすことができない様々なサービスを提供してくれます。もちろん、Tepperには強力なキャリアオフィス(COC, Career Opportunity Center)がありますが、それに加えて、よりきめ細やかなサービスを提供してくれます。

具体的には、インターンや就職活動を経験した2年生によるレジュメレビューやインタビュートレーニング、各業界で活躍しているビジネスリーダーを招いたセミナーの開催、西海岸やウォールストリートへの企業訪問ツアーの実施などがあります。また、クラブによってはインタビューの想定問答集や必要とされる予備知識などを詳細に記載した冊子を提供してくれるところもあります。

②レベルの高いクラブ活動
それぞれのクラブ活動のレベルは高く、いくつかのクラブは全米のケースコンペティションで他有力ビジネススクールを破り上位入賞や優勝を果たしています。

例えば、ベンチャーキャピタルクラブは過去にHarvard、MIT、Wharton、Cornellなどの強豪を破り優勝を収めています。また、以前のInternational Operations Management Competitionでは、オペレーションズクラブが優勝しています。

これらのクラブに積極的に参加することで、就職活動を有利に進めることができるとともに、授業では得られない貴重な体験ができることでしょう。


2. Educational Club
Professional ClubがMBA分野別に組織されるのに対し、Educational Clubは主に地域別に組織されたクラブとなります。

我々日本人にとってももっとも身近なClubはAsian Business Associationになるかと思います。過去も歴代のABAのPresidentやVice Presidentを日本人学生の方々が勤め、ABAの活動を通してTepperに貢献しています。ABAではジョブサーチやアルムナイとのネットワーキングを目的として、香港と上海へのTrekを毎年実施しています。またMiniセメスター中もAsian Weekと称して各国の文化を発表するプレゼンや寿司Making Classなどを催したり、旧正月を祝うLunar Partyを開催したりとアジア独特のやり方でTepperの活動に寄与しています。

LunarParty.jpg
2010年Lunar Partyにて。ABAを通じたアジア同士の交流も大事な活動の1つです!

Educational Clubには地域別Club以外にも、各自毎回テーマをピックアップして皆の前でスピーチをするPublic Speaking Clubや、次世代のビジネスリーダー同士のネットワーキングを促進するNet Impactなど、Professional Clubとは違ったカジュアルな方法で学生の知見を深めるのを目的としたClubも存在します。


3. Social Club
ソーシャル系クラブでは、主に娯楽や自己研鑽を追求する場を提供してくれます。例えば、ワインクラブではワインの楽しみ方を覚えたり、ゴルフクラブではスコア向上を目指したりします。2009年はゴルフクラブにPGAプロの学生が所属していたため、大変盛り上がりました。

また日本人学生にとって物珍しいのは、Gay、Lesbian、Bisexualのメンバーで構成されるOut@Tepperでしょうか?
大都市圏のMBAプログラムには必ず同じようなClubが存在します。

これらのクラブに積極的に参加することで、 Tepperでの生活をより実り多いものにできることでしょう。

Brewmeisters.jpg
2011年に新しくできたBrewmeister。やりたいClubがなければ作ればいい!