住居


CMUに留学する日本人学生が居住するアパートメントはそれほどたくさんの種類があるわけではないので、留学生が集中する夏に引越しを検討されている方は、日本にいる間に事前に契約しておくことをお奨めします。とは言っても、Tepperの学生にとっては二年間居住する大切なアパートメントです。筆者も部屋を実際に見ずに契約をするのに抵抗がありました。ピッツバーグ便利帳 にも詳細な記載がありますが、このページでは、現在のTepper日本人学生が居住している住居の写真や実際に住んでみての良し悪しを紹介します。

これまで日本人学生が多く居住してきたアパートメントを紹介します。これらのアパートメントにはCMUの他学部(Heinz、MSE)に通う日本人学生やUPMCに勤めるお医者様達も居住していて、アパートメント内で飲み会などのイベントも開催されたりしています。



1. Bakery Living

(6480 Living Place)

Kenmawr Apartmentsのさらに東に徒歩5分の距離にある、新築アパートメントです。2014年6月にオープンしたOrangeと2016年6月にオープンするBlueの2棟があり、それぞれ175ユニットあります。
充実したサービスと建築、インテリア、設備が認められ、2016年にBest American Living Awardプラチナ賞を受賞しました。

bakery-living-1.png
bakery-living-2.png
bakery-living-3.png


良い点:
  • 新しい
    建築から数十年経っているアパートがほとんどのピッツバーグの中で、新築のアパートは珍しいです。老朽化による設備のトラブルはありませんし、もし不具合があっても住民専用サイトでメンテナンス申請をすれば、担当者がすぐに修理してくれます。
  • 空間を贅沢に使っている
    アパートの前には複合商業施設Bakery Squareが、横には約7k㎡のメロンパークがあります。ロビーにはテレビ、卓球台や暖炉などがあり、中庭には芝生とプール、BBQグリル台があります。予約すれば会議室やメディアルーム(映画やスポーツなどを見るための部屋)も無料で使えます。
  • 買い物が便利
    Kenmawr と同じように、Shady Sideに近いです。また、East Libertyに接しており、Trader Joe’sやGiant Eagle、Targetなどが徒歩圏内なので、日常の買い物に困ることはありません。
  • サービスレベルが高い
    アパート事務室が毎月イベントを企画して楽しませてくれます。ロビーにはコーヒーマシンが設置されており、週末は無料でベーグルが提供されます。また宅急便を受け取って荷物室に仕分けておいてくれるサービスも便利です。アパートの部屋でのんびりしていると、廊下を掃除しているルンバにも会えます。ロビーには無料のWiFiが飛んでいます。
  • フィットネスマシンが充実
    フィットネスジムには、液晶画面付きのバイクやトレッドミル、ウェイトマシーンなど最新の機器が揃っています。
  • プールがある
    ロビーや中庭と直結している室内プールがあります。冬でも温水になるため泳ぐことができます。また、プールサイドでくつろぎながら読書する贅沢を楽しめます。
  • 治安が良い
    建物の裏にEllis Schoolという小中高一貫校があり、Pittsburghの中でも治安が良い場所に建っています。また、セキュリティが万全です。出入口の施錠はもちろん、警備員が常勤しています。さらにピッツバーグ警察が頻繁に周囲をパトロールしています。
  • ランドリーが個別
    全室 洗濯機と乾燥機があります。このため、共用のランドリー室に洗濯物と使用料を持っていく必要がありません。
  • Tepperのクラブ活動のイベントがよく開催される
    ミニキッチンの付いた広いロビーやBBQグリルを使って、Tepperクラブのソーシャルイベントが開催されることが多いです。

悪い点:

  • パーキングが有料
    ゲスト用の駐車場は建物前と建物裏にあります。裏にある駐車場は事前に予約すれば無料で借りることができますが、建物前はメーター式で有料です。また、アパート住民用の駐車場は地下にあり、月額$120を払う必要があります。
  • 賃料が高い
    One Bedだと毎月計$2,000前後の出費が必要です。Studioよりも小さいMicroでさえ、$1,200/月以上の家賃が発生します。水道料金は家賃とは別に$43/月の固定費がかかり、電気料金も別に契約する必要があります。
  • CMUまで歩くのはきつい
    Tepperまでだと45分ほどかかります。日常的に徒歩通学するのは厳しいので、バスか車での通学となります。公共バスのほか、Bakery Squareに停車するCMUシャトルやアパート会社が運営しているシャトルサービスを利用できます。
  • お風呂が冷めやすい
    循環式ではなく汲み置き形式のため、湯船が20分程度で水になります。このため、お風呂に入る直前にお湯を入れなければなりません。また湯船でゆっくりするときは5~10分ごとにお湯を足す必要があります。




(121 South Highland Avenue)